11/23コラボ企画「子宮カフェ」×アッコ先生〜これからは心地よいからだでいこう♪

ソウルバースセラピストで産婦人科医の

小林桜です。

来たる11月23日(祝月)第15回目の「子宮カフェ」は

特別ゲストに稲葉明子さん(以下、アッコ先生)をお迎えして開催します。

 

アッコ先生は、

理学療法士としてお年寄りや終末期の方のフットケアやリハビリをやりつつ

茨城県結城市のフットケアサロンなぐのオーナーとして女性のからだに向き合い

血の道療法というセラピーなどきめ細やかなケアを実践し

長年女性のからだの使い方・整え方を伝えておられます。。

 

アッコ先生と私とはスローセックス®︎のアダム徳永先生の元に出会った

エヴァセラピスト仲間なんですよ~。

 

※アッコ先生と私の打ち合わせ模様を動画でご紹介。(23分)こちら

 

では、今回の企画のご案内からです。

===========================

◎【女性限定】

コラボ企画「子宮カフェ」@東京・谷中
〜女性のからだの心地よさを感じられる体になるSP

日時:1123日(祝月)13時〜16

場所:ギャラリサロンkuuki
東京都台東区谷中314

対象:女性

参加費:8000円 税込

お申し込みフォーム

☆「子宮カフェ」のご案内

============================

さて、ここで。。

今回私がアッコ先生をお迎えすることにした

本当の理由をお話させてもらいますね。

 

産婦人科医としての一般診療を行うのが一応本業の私ですが、

その診療で感じるフラストレーションに

きっかけがあるのです。

 

それは、

生理痛やPMS(月経前緊張症)など

婦人科系の不調を薬で抑える目的で

流行りのピル処方を若い人にすることです。

 

ピルが必要な人がいることも理解していますし、

私自身役割としてある程度は医師の義務であると認識しています。

実は私も頼っていたことがあります。

(参考記事:「子宮は感情の貯蔵庫。私の昔話。」

 

でも、

一方で私は知っています。

 

例えば、

月経周辺の不調は

骨盤周りの筋肉や関節を刺激し柔軟にすることで

大幅に改善する可能性があることを。

 

日頃から骨盤周りがよく機能している人は

お産だって月経だってセックスだってとても気持ちよく経験するものだ。

ということを。

 

ただ、

からだの使い方というのはもう赤ちゃんが歩き始める時から

周りの大人から写して取るようにして身につくもので、

多くの現代人には

からだとの付き合い方や意識から

変わっていただくゆくことになるでしょう。

 

たくさんの人が来院される普段の診療の中でも

やれる範囲のことはやってきましたが、

正直なところ根が深くて

私が思うようにお伝えできている自信はありません。

漫然とピルを服用してもらうことで

その女性の野生は押さえつけられていくのではないだろうか?

 

去勢。

されてはいないだろうか??

 

と、危惧しつつ、

ご本人の様子を察してやむなく処方する。。

というところが本音です。

 

それに、私自身がいにしえの日本人女性のように

骨盤周りの意識が大事であるという認識するような

姿勢をただした生活をしてこなかったですし。

 

最近、ようやく日常的に骨盤周りの筋肉を意識するようになり

今まで以上にからだの心地よさや活気が感じられるように変わりました。

本当、ちょっとしたことなんですけどね。。

 

女性が月経や性交、お産や授乳など

女性のからだを持っているからこそ経験する

性の機能がよく発揮されるならば、

 

心身や関係性は調和的になり

女性のからだは不調を経験しづらくなる。

と、今の私には言えます。

 

今、女性の生理現象や

女性であることそのものを否定的に捉える女性の意識が

母から娘へと世代の連鎖で受け継がれてゆく流れも

場面場面で目の当たりにします。

 

そして婦人科にくる人の多くは

「自分を大切に扱う。」

ということが難しく課題がある人のようです。。

 

「女性であるだけで本来は豊かである。」

 

そう実感を伴って言えるようになった今の私は、

あらめて、

女性が日常的に心地よさとともに生活できるような

からだの使い方・整え方

についてお伝えする機会を作りたい。

 

そんな思いに端を発して

「子宮カフェ」に参加してくれたことがある理学療法士で

エヴァセラピスト仲間でもあるアッコ先生に

今回来てもらうことにしました。

私にとって診療の目的は、

女性特有の症状を無くすことではありません。

 

女性が女性器の機能や目的を最大限発揮し

女性であることそのものをよろこびとしていのちを経験してもらいたい。

 

そして願わくば、

その女性が愛する人とのよろこびの多い交わりの中

新しいいのちを授かり、

安らぎの中にその授かった新しい人を迎え入れて、

大切にして、

また大切にされて

皆が安らいで生きていくようにつながってゆく。。

 

という、

私自身の「祈り」のような思いに

私の活動は根ざしています。

自分が女性の体を持って生まれてきたことを

女性自身が「体の感覚」として肯定的に受け取ってもらえる知恵は

古い時代の方にあるのかもしれませんね。

 

私たちは時代を遡ることはできませんが、

昔の女性から現代へと残されたからだの知恵は

きっととても大切なことだから

どこかでひっそりと受け継がれて今に至るはずです。

 

アッコ先生自身も

生理痛や冷え性、子宮内膜症、女性のからだである困難さも経験する中、

プロ意識もあり

いにしえから日常のからだの使い方・整え方

にたどり着いたそうです。

 

アッコ先生は、さまざまなアプローチを実践しながら研究を重ね、

今は暖かくて気持ちのよいからだを経験している魅力あふれる女性であり、

2人のお子さんのお母さんでもあります。

 

そんなアッコ先生に

「子宮カフェ」に参加してもらって

私も参加者の皆さんと一緒に大切な知恵をお聞きしていきたい。

とそんな風に思っています。

 

ふだん通りのゆるりとした小林桜の「子宮カフェ」

×

アッコ先生のからだの使い方・整え方

という予定です。

 

私からアッコ先生へのリクエストは

・骨盤底筋の意識の仕方

・冷えたからだから温かいからだになるこつ

・ちつ〜外陰部のお手入れ・ケアについて

です。

 

参加者の方ニーズに応じた話もしてもらいましょうね。

ちょうど寒くなり始めた時期です。

からだもキューっと閉じてゆく方向性になりがちです。

そんな季節にすぐ活躍できそうな

引き締まっていて温かくて気持ちよいと感じられる

機能的なからだの保ち方、使い方があるのです。

 

今度11月23日のコラボ「子宮カフェ」に参加して

私と一緒に気持ちよいからだの保ち方・使い方を

始めてみましょう。

 

きっとご自身のからだの感覚の変化に驚くはずです。

 

ぜひ、この機会をお見逃しなく〜。

 

ご参加お待ちしております♡

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の参加者にはご自分の体の状態について感じてもらえるよう

簡単な課題を提示しています。

◎【女性限定】コラボ企画「子宮カフェ」@東京・谷中

×理学療法士 稲葉明子

〜女性のからだの心地よさを感じられる体になるSP

 

日時:1123日(祝月)13時〜16

場所:ギャラリサロンkuuki 東京都台東区谷中314

対象:女性

参加費:8000円 税込

お申し込みフォーム

☆「子宮カフェ」のご案内

《準備としての課題》

・平熱はどのくらいでしょう?測ってみましょう。

・足先、お腹、手先、首もとを触って温かいと感じるでしょうか?

・骨盤底筋(外陰部周りの筋肉)を意識して使えているでしょうか?
どんな時に意識しやすいでしょうか?

・外陰部を鏡で見てみてみることができるでしょうか?
ただ興味を持って見てあげてください。どう感じるでしょうか?

・外陰部やちつ、奥の筋肉や骨を触って確かめてみてください。どう感じるでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆スローセックスにご興味がある方は

同日開催の「エヴァセラピー入門講座」にもぜひご参加ください。

◎「エヴァセラピー入門講座」@東京・谷中

日時:11月23日(日)10時〜11時30分

場所:ギャラリサロンkuuki 東京都台東区谷中3−14−4

対象:スローセックス®︎に興味がある女性

内容:
・スローセックスとはなにか?
・自分の身体との向き合い方、愛し方を知る
・眠っている性感脳を刺激する方法を知る
・私がアダムタッチを実践して感じたこと、変わったことをシェア

参加費:一般 5500円 税込
同日開催の「子宮カフェ」にご参加の方は3000円
エヴァセラピー入門講座再受講の方は2000円

お申し込みフォーム

 

関連記事

  1. 第14回「子宮カフェ」@谷中レポ。〜失われた臓器を感じる。w…

  2. インタビュー記事「あなたの『たましいの意図』を尊重し、見守る…

  3. ”I want you.” の真逆の態度とは。

  4. ご感想。ファミリーコンステレーション体験ワークショップ

  5. 7月22日(日)お話会のご案内「いのちを生みだす」こと〜ファ…

  6. いのちは愛が受けつがれたもの。