温める・女・骨盤〜第15回「子宮カフェ」SP企画w/アッコ先生レポ。

ソウルバースセラピストで産婦人科医の

小林桜です。

2020年11月23日、

第15回「子宮カフェ」は

特別企画としてアッコ先生(稲葉明子さん)を

茨城県結城市からお招きして開催しました。

 

アッコ先生は

理学療法士で温熱ルームがあるフットケアサロン なぐをやっている

エヴァセラピスト仲間で

美しい2児の母でもあります。

 

さて。。

 

今回も「子宮カフェ」@で定番になった

谷中のギャラリーサロン kuukiで開催。

オーナーに頼んで床にカーペットを敷いてもらいました。

寝転がれるスタイル!

 

なぜならば、今回のテーマは

「気持ちよいからだになる」

ってことだから〜。

 

筋肉とか関節って、ストレス溜まりやすいじゃないですか。

 

アッコ先生には

私が女子にもっと知ってもらいたいと思っている

骨盤底筋や骨盤周りの筋肉の意識づけ、

を教わりました。

 

また、アッコ先生は「血の道療法」という

末梢からのケアについて深く取り組んできてるとのことで、

 

まずはみんなで横になって

恥骨(陰毛が生えているあたり)や外陰部、内腿あたりを広くさすったり揺すったり。。

 

恥骨の上をさするように触れるだけで

緊張している骨盤周りがほんわか温かくなり

ゆるんでくるんですね。

 

参加者のおひとりは

恥骨あたりに触れることによって

とても繊細な感情が動きそう。。

というお声もありました。

 

感情のエネルギーと

性器が固有にもつエネルギーや意識は

深く結びついてるんですよね。。

そういうことも、今後お伝えしてゆきたいことの一つです。

アッコ先生は筋肉好き♡なんだそうで。

最新式「関節トレーニング」スタイルで

骨盤周りの筋肉を意識的に動かすエクササイズを教えてもらって、

みんなでやってみました。

 

意外にも骨盤底筋をよく意識するには

多裂筋・腹横筋への刺激が重要という視点を。

 

解剖学について知識がなくても

体にもともと備わっているものがよく機能している。

 

この感覚が、

 

気持ちよさにつながるわけです。

体ってすごい仕組みに本来はなっているから、

もっと使えるようになりたいですね。

 

教えてもらったことは盛りだくさんで覚え切らなかったので

アッコ先生と復習をする予定。

 

動画に撮って

ご参加いただいた方にお送りします。ぜひ復習してみてくださいね。

参加者は今回もリピーターで患者さん、

勤務先の同僚(専門職)人が多くて、

みなさんが私の診療をどんなふうに受けとめているのか、

フィードバック?を立て続けにいただきました。。汗

 

診察で私と対峙すると

心の中に隠れていた自分の本音に気づかされる。

 

ということを、患者、同僚のそれぞれの立ち位置から見ている。

と、教えてくれました。

自分がどう見えているのか?きくのは嬉し恥ずかし。。

 

私自身、建前を無視はしてないですが、

人生の中で仕事に対してとても大きなエネルギーを注いでいる以上、

医者であるという役割を通しても

個人として、できる限り本音で人と接する技術を身につけてきたし、

本音で生きることにしています。

 

なぜならば、そうしないと自分が苦しいからです。

不器用な生き方なのかもしれませんが、

これが私好みの生き方なんで、わりと努力してこうやっています。

 

私が意識している診療「場」に入る人が

自らの本音に気づくことができるならば

幸いです。

 

あなたの体の症状は、

あなたに何かを気づかせてくれる

とても大切なものだと思っているから、

単に無くなればいい。

とは私は全く思っていないんです。

 

不快な感覚があるならば、

気持ちよさを得られ手がかりるだろう。

と思っているし、

そういう視点でご自分のからだのありのままをただ見てあげて、

からだの望みに気づいてもらいたい。

と願っています。

 

「子宮カフェ」の途中、私が感じて人をみる指標になっている

生命力や魂の向かう方向性について

随分と長々語ってしまいました。

しかも寝そべって!笑

 

というわけであっという間の3時間が経ち

最後、駆け足になってしまったのですが

 

からだを温かく保つコツとしての

「首」と名のつくところを意識的に冷やさないこと、

外気と体内の温度差から冷えが生じるから、

その変化を感じながら身に付けるものを調整すること。

などアッコ先生から教えてもらいました。

 

ちょうど寒くなってきましたから、

私自身も教えてもらったことを意識すると

自分がどこの部分で冷えを感じやすいか

前より随分とわかってあげられるようになって、

 

自分を温かく大切に取り扱うことは

冷やさないと意識することからも

始められるもんだなあ。

 

と、やって見てわかるのでした。

体が緊張している人は

頭も緊張していて

血流を調整する自律神経系のバランスも取りづらくなっていて、

不調をきたしやすいと思います。

 

骨盤の周りの弾力性は

生命の肉体的エネルギーの土台という側面があり

男女問わず大切だと思いますが、

 

特に女性は

月経や妊娠出産、更年期などイベントごとに

心身の状態が骨盤の状態に左右されやすいものだと思います。

 

そして骨盤周りの筋肉がよく機能していると

細胞がエネルギーを作りやすく温かく保たれるし、

骨盤内を通る大量の血液も温まり

温かさを好む女性器は健やかな状態を保ちやすくなります。

 

ストレスフルな日常に対しても

柔軟性や耐性を持って自由に対峙できるでしょう。

 

女性は温かくゆったりとしたマインドで

過ごせる時間が長い方が幸せになりやすいはず。

 

私もこの企画の準備期間から

自分の意識が変わり、

平熱が36℃台前半だったのが

常時とはいきませんが36℃台後半になる日も増えてきました。

 

昔の日本人の平熱は36.8℃だったとか。

 

私も更年期にさしかかった今、

引き続き取り組んでパフォーマンスを上げていきたいと思っています。

 

そんなわけで、

今回の「子宮カフェ」~気持ちのよいからだになるSP企画は、

温めることと骨盤力

がメインテーマでお届けしました。

 

参加したかったけどできなかった方もいらっしゃると思いますが、

温めること・骨盤周りの筋肉を意識すること

できるところからやってみてくださいね。

 

またの機会を楽しみに。

アッコちゃん、みなさん、

応援してくれたみなさん

どうもありがとうございました。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【募集中】4月16日(金)、6月18日(金)古神道ワークショップのご案内はこちら

♪【終了レポート作成中】女性限定「子宮カフェ」@東京・谷中 4月12日(月)13時〜15時

「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪【募集中】Step1「エヴァセラピー入門講座」オンラインは随時受付中。リアル講座は5月。

エヴァセラピー入門講座お申し込みはこちら

♪【開講中】Step3「エヴァ・メイクラブ講座 初級」

第1期 4月10日(土)、5月15日(土)、6月13日(日)@東京・上野

「エヴァセラピー」ご案内はこちら (ページが新しくなりました!)

♪【youtube】「小林桜のゆく年くる年」(52分)

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪Facebookライブ 3月14日(日)20時〜21時 小林桜のプライベートFBグループにて(グループ参加リクエストはこちらから)

 

 

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. いろんな子宮がある。

  2. 7月22日(日)お話会のご案内「いのちを生みだす」こと〜ファ…

  3. 膣と子宮と「関係性」。

  4. 【外来日誌 vol.16】性交痛。離婚の危機。

  5. スローセックス入門「エヴァセラピー」ご案内ページができました…

  6. ◎12月14日ワークショップ「人生にくつろぐヒントが見つかる…