「子宮カフェ」レポート。子宮筋腫スペシャルコラボ企画!

ソウルバースセラピストで産婦人科医の

小林桜です。

昨日2019年11月10日の

「子宮カフェ」スペシャルコラボ企画で、

巨大子宮筋腫を自己治癒させた国際中医師

天知美佳(そらみか)さんにいろんな話をお聞きしました。

 

◎天知美佳さんのリンクはこちら

 

今回の参加者はご自分の症状に対応したい。

という、方も多くて

勉強熱心な方々集まって

かなり貴重な情報を得られる機会になりました。

 

今回で3回目の「子宮カフェ」開催は

3時間のロングバージョンでしたが、

やはりかなり情報量も多くなり、

私もそらみかさんも

駆け足でのお話になってしまう場面が多くありました。

 

フィードバックやご感想をいただいたら

随時掲載して行きます。

♡「子宮カフェ」参加者からの感想のページ。はこちら。

「エレメントマトリックス」という

図表でお誕生星座から読み解ける体質や

症状が出る傾向がある。

っていうこと。

 

このお話は今回初めて聞かせてもらいました。

 

私は新しく生まれる人に沿う

お産の仕事も大好きだったし、

誕生星座や誕生日毎の傾向があるっていうことは

とっても興味深く。。

 

しかし、

実際に使えるような勉強するまでは

至らない現状。

これは「食養生」についてもそうなんですが、

その分野で知識と経験が豊富な方にエッセンスを

レクチャーしてもらえる機会は私にも貴重です。

 

知識と経験豊富で

何より勉強熱心なそらみかさんに

まだまだ聞いてみたいことがたくさんあるので

また来てもらう機会を作りますね。

 

また今回、

そらみかさんが治療過程で経験した

「臨死体験」

のお話も初めて聞かせてもらいました。

 

生まれることと亡くなることと、

自分の認識がだんだんと拡大して

死生観が変わってくるなぁ。。

 

実際に

死んだ後のことはわからないなら

どこまでいっても

実際の現象を超えた認識はできないんでしょうが

 

人生での出会いを通じて

認知を拡大してゆく

あるいは新しくしてゆける経験は

とても面白いです。

それから

「子宮カフェ」の定番となった

「子宮意識」を感じ取ってみる時間は今回もとりました。

 

後でそれぞれの人が感じたこと

少しずつ話してもらうんです。

 

これは「子宮カフェ」で

いつも私が一番大好きな時間!

 

私は日常的にはいわゆる「お医者さん」なので、

「この私の子宮はどうなっているんですか」

という患者さんの問いに答えてゆくお役目。

 

でも、

本当にはその人にしかわからないことがたくさんあって、

それこそが大切なんだよね。

って、日々思って口にはできないでいます。。

感じること。

 

これは本来なら人それぞれで、

自由で、

創造性に満ち溢れる

いのちの大切な営みです。

 

だからこそ

その人にとって大切なことを分かち合える時間は

私はとてもとても嬉しい。

 

感じあえる「子宮カフェ」を

これからも育んでいこう!って思います。

 

ご参加くださった方々、

どうもありがとうございました。

 

それ以外で応援してくださった方も

どうもありがとうございました!

どうか今後の「子宮カフェ」活動を

引き続き見守り応援いただけると嬉しいです。

 

:::::::::

◎最新のお知らせ

new!  1月20日「子宮カフェ」@東京・谷中 近日メルマガから募集。

【終了しました】12月2日(月)「子宮カフェ」@東京・谷中

レポート記事はこちら

【終了しました】11月10日(日)子宮カフェ with天知美佳

巨大子宮筋腫を自己治癒させた国際中医師とのコラボ  レポート記事はこちら

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人セッションはメルマガから優先案内しています。

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♡「子宮カフェ」参加者からの感想のページ。はこちら。

♪「小林桜のソウルバースセラピー」 個人セッション最新の日程はこちら

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

ソウルバースセラピー個人セッション

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. ◎12月14日ワークショップ「人生にくつろぐヒントが見つかる…

  2. ♡「子宮カフェ」参加者からの感想のページ。

  3. 【お話会ご感想】いのちの場を診る最先端医師?!

  4. 「子宮が使われない」という虚しさ。

  5. 子宮は感情の貯蔵庫。私の昔話。

  6. 初めてのお茶会。私のためにあったのね。笑