古くて新しいこれからの「家」〜いるだけで癒えるところ。

ソウルバースセラピストで官能女医の

小林桜です!

「家」や「家族」のあり方について、

その形や価値観は時代とともに変化しています。

私自身は家業を営む2世帯住宅に3世代同居で育ち、

そんな中、母は「家族とは我慢すること!」と

怒り混じりに言い放ちました。

 

私は核家族(というか母子家庭)を築き、

結局「我慢」しきれませんでした。

 

しかし、「家」について探求心を持ち続けました。

アメリカの典型的な五人家族の家にに1年間ホームステイしたり、

日本でも他の家族に預かられたり、

家族のように受け入れてもらったりした経験から

いろんな「家」を見知ってきました。

 

自分が子を授からない悩みをきっかけに

家族療法(ファミリーコンステレーション)にずいぶんエネルギーを注ぎ

取り組みセラピストとしても研鑽を積んできました。

 

私は産婦人科医のはしくれとしての20年余では

施設は大学病院や産婦人科病院からビル診療のクリニック、

土地は都市から離島まで、と様々な条件のもとに

女性の営みをお世話する立場で医療に携わりました。

 

いろんな「家族」に関わってきました。

そんな移ろう人生の中で私は、

時代とともに移ろうものではなく
時代を超えて大切にされる
高次(メタ)の「家」というものはなんだろう。

という問いを持つようになりました。

きっと、今の時代

そういう疑問を持つのかたはたくさんいると思います。

今日は

家系図コーチング®️山道紀子さんとコラボされて開かれた

「家系の戸締り講座」の中で

ことだま師を育てている山下弘司先生から

家のことだま(言霊=言葉に宿る霊的な力)について

お話がありました。

『「家(いえ)とは

そこにいるだけで回復する場所。」

という意味です。

家(いえ)の「い」はいのち、

「え」は枝=生育、成長

(いのちが)癒える。(言いたいことを)言える。

ということだまを持つんですよ〜。』

 

ということを、ふんわりと話してくださいました。

(↓これは家系図コーチング®️紀子さんからの宿題です。
名前を書いただけで、先祖からの後押しが来たような気がする!)

私は、これを知るために人生の「戦い」をしてきたのではないだろうか。。

という気さえします。

 

ずっと考えてきたことの答えが

ふわっと降ってくるようにやってきたんです。

「大和ことば」や「ことだま」の魅力をあらためて知ったと同時に、

 

従来型の「家」が閉じようとするこれからの時代は

「いのちが癒える場」としての「家」が大切になりゆき、

「女性性」の側面にますます光が当たることになる。

という確信が強くなりました。

今、私たちの周りでは場作りやコミュニティ作りが盛んなです。

新しい時代を創ってゆくのがまさに私たちです!

一緒に新しい「家」作りを、今まさにするときなんですね。

ワクワク♪ いやさか〜(いやますます栄えん)

実は、

私が初めてことだまについて教わった

古神道家の矢加部先生にも

これからの時代の「家」についてお尋ねしたことがあります。

 

その時、

日本語には「国家」という言葉があるが、

国を大きな家だと捉えているということである。

また、公(おおやけ)という言葉もあり、

これは「大きな家」という意味である。と。

 

従来の日本の会社組織は「家」であり

社員や「家族」同様だったという話はよく耳にします。

 

従来型の「家」には今考えると受け継ぎたくないような

窮屈すぎたり重すぎると感じる側面もある思いますが、

 

「家」とはそこにいるだけで回復する場所。

 

と捉え直すだけで、これからも引き続き大切にする

「家」の要点が絞られますね。

 

胎児だった私たちの「家」は「子宮」あり、

そこでは必要なものが全て与えられ、育まれる。

 

「家」が機能不全に陥るといのちは削られ、

大きな家としての「公」が大切にされない社会は

もちろん乱れます。

そして

「家づくり」あるいは「国づくり」は

男と女が力を合わせて行うことですね。

 

あるいは、

男性性・女性性の両方が発揮される時「豊かさ」が生まる。

という言い方もできます。

 

一人の人間の中にとっても陰と陽があり

人間の外には天と地があり。。

時には男が女性的になり、女が男性的になり

助け合い、支え合い、祈り合い、照らしあう。

 

それが本来の日本の価値観でありあり方だったと言います。

 

そんな当たり前のような私たち本来のあり方や価値観は

セックスレス、W不倫、離婚率などのトピックが流れてくると

あたかも私たちから見失われてしまったかのように思われます。

 

しかし、ことだまや大和ことばを知ると

自分の内側から浮かび上がり思い出せるから、不思議です。。

 

ありがとうございました!

 

今週末、6月10日(土)夜は

古神道家 矢加部幸彦先生のお話会を企画しています。

谷中リアル会場も
オンライン会場も開設します。

見逃し動画配信もあります。

古神道とは?という基本的なお話と

女性性・男性性、あるいは
古神道的な、あるいは古来の日本的な「セクシュアリティ」の捉え方について

お話していただく予定です。

私の視点からは、

現代を生きる日本人が自分自身の尊さに目覚める

大切なお話になると思いますので、

どうか一緒に聞いていただたら幸いです。

日本に恋せよ!!

【ご案内】6/10(土)夜「古神道と和のセクシュアリティ」矢加部幸彦先生スペシャルトーク@「桜を見る会」企画

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪new 女性のからだの豊かな営みサークル活動 谷中「月の小屋」はじまってます。

10歳以上の女性がご参加いただけます。

次回6月10日(土)、7月10日(日)14時〜16時→お問い合わせください。

♪「女性のためのお薬の使い方」森の漢方薬局芍薬堂 土屋芙紗子さん

6月10日(土)11時〜12時半 谷中kuuki 参加費3000円(学生1500円)

 

♪古神道家矢加部幸彦先生の「鎮魂禊行法ワークショップ」

【募集中】7月15日(土)、9月9日(土)

♪古神道家矢加部幸彦先生の「禅密気功ワークショップ」

【募集開始】8月27日(日)

 

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪女性限定無料Facebookグループにてライブ配信しています。

「月の小屋」的オンラインサロン

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. 「しまりの良いちつとはなにか?」〜コミュニケーションだね。

  2. 自分が自分を求めて、満たす旅。

  3. 診察の結果よりもずっと大切なことは。

  4. スローセックス入門「エヴァセラピー」ご案内ページができました…

  5. いのちは愛が受けつがれたもの。

  6. 大晦日、お産の番をして。