【外来日誌vol10】32才。ちゃんと生理が来ないけど、その方がいい。。?

ソウルバースセラピストで産婦人科医の

小林桜です。

 

自分でも気がついていない無意識を意識化することで、

生活が変わり、

心も体も変わり、

自然に症状が消えてゆくことを経験される方が

これから増えてゆくのかな。

って感じています。

 

32才、女性。生理があまりちゃんと来ない。

 

これまで別の先生に診てもらってきて

2ヶ月間があいちゃったら

黄体ホルモン薬飲んで生理こさせてた。

っていう方がいました。

 

ざっと診察してみると、

排卵をちゃんとしてないことが多いんだろうな。

っていう様子でした。

 

黄体ホルモン薬をまた処方でも間違いじゃないんだけど、

本人が出しているサインがあってね。

新しい自分に開きかけている。

っていうか。。笑

 

同じ女性でもいろんなタイプの人がいますが、

 

女性としての人生をどう捉えているか?

女性としてどんな経験をしてきたのか?

はたまた

母親とか家系や周りの女性がどんな経験をしてきたのか?

 

ってことが無意識の中にみなさんあるわけです。

 

その無意識が

排卵や

それに伴った生理に現れている

という女性は結構いると思います。

 

この患者さんの場合

無意識にだけど

自分自身で排卵するのを抑えてるっていう

可能性があるわけです。

 

(いや、むしろ

それしかないんだけどね、自分の体のことだからさ。)

 

女性として男性と深く関わって

結婚や妊娠・出産・子育てすることへの

否定的なイメージ。

恐れの意識。

 

診察の中で対話してゆくと

この患者さんにも

思い当たるところが多分に合ったようでした。

 

自分の中で明確にしてくれたら

私に詳しいことを話す必要なんて全くないんですよね。

 

私の診察に来たのが、

今の自分にもっと気づきたい。

 

っていう彼女自身のタイミングだったのかな。

 

私は

無意識に思っていることに本人が気づくのを待つ。

っていうか、

そうなる流れに沿って対話してゆくんですね。

 

で最終的に

「生理来ない方がいいや。

と心のどこかで思っていました。」

と彼女は自分で気づいて

言語化してくれたんですよね。

 

人って、

症状とか苦痛があったりで

困ったことが起きてる時、

そこと向き合えないでいると結構しんどい。

そして、

そのしんどい体験こそが

後から振り返ると力になってたりするんだと思うんです。

 

で、

あるタイミングで治癒や幸せの方向に

意識のベクトルが切り替わる。

 

その時にたまたま目の前にいたら

いいお医者さんみたいに思われるのかな。笑

 

は!

ってご自分で気づいて、

で、もう古い自分だわ。ってわかって、

そこからは脱皮するみたいに自分で新しくして言って

幸せになってゆくんだと思うんです。

 

あなたはこうだよ。って

他から押し付けられてもきっとダメなんだよね。

 

生命体が治癒力を促すような

ちょっとした新しい「情報」。

この人の場合、

軽い運動とと漢方薬処方したんですよね。

 

そういう「情報」をご自分の生命体に有効に取り入れて

過ごされたようです。

 

次に診察したときは

顔つきや全体の印象がかわっていましたね。

 

私の目から見ると

ご自分の人生を取り戻した勝者!

って感じで輝いて見えたのです。

目にキラキラが入っているみたいな。

 

「生理が来るっていいですね!」

とか言ってました。

 

排卵もしたくなって、

女性としても自信が出てきて、

近いうち新しい恋をするんじゃないかな。。

症状があってもなくてもどっちでもいい。

 

幸せになるために生きているんですよね、

私たちは。

 

症状や苦痛にロックオンしすぎて

幸せになりたい。

って願いがあること自体を忘れちゃったりします。

 

願わないことで得られるメリットもあるような気がするしね。

 

でも、彼女はついに思い出しちゃったのかな。。

めでたし。

 

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【キャンセル待ち】10月19日(月)【予約開始】12月14日(月)古神道ワークショップのご案内はこちら。

【コラボSP企画中・近日募集】「子宮カフェ」@東京 11月23日(祝月)

【近日募集】「子宮カフェ」@東京 12月7日

「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪【女性限定】「エヴァセラピー®︎ 入門ミニ講座」10月11日(日)→終了。次回は12月7日、または11月23日。企画中。
エヴァセラピー入門講座お申し込みはこちら

♪【終了】10月11日(日)10時〜12時「子宮カフェ」@東京(レポート記事はこちら

♪【終了】9月27日「子宮カフェ」@銀座(レポートはこちら

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

 

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. 【外来日誌vol4】妊娠しづらい人たちのハートが硬い。

  2. 子宮筋腫についての私見徒然。

  3. 【外来日誌vol12】なんとなくあちこち不調の更年期。

  4. 「しまりの良いちつとはなにか?」〜コミュニケーションだね。

  5. 頑張り屋さんのあなたへ。受け取り上手へのススメ。

  6. 【外来日誌vol9】看護師さんは恋女房。