【お産蜜月 第七話】A。

愛しい君、お産よ。

 

社会人3年目から

私は産婦人科を専門にするトレーニングを

大学病院Aで始めることになった。

 

なぜ特に縁がないAに行ったか問われることがあるが、

流れでとしかいいようがない。。

 

浪花節とA産婦人科医局という

組織運営側の都合が発端で流れが始まり、

3年目以降の進路をまだ決めてなかった私は

結局その流れに乗っかることにした。

 

でも実は、Aは、内科医だった祖父の母校だった。

 

祖父は私が大学生の時に亡くなっていたが、

導きかな。と感じることも特に仕事面の節々であるので

偶然に、というわけでもないんだろうと思う。

 

私は、Aの医局員になり

産婦人科医として育ててもらった。

以後5年間、お世話になった。

 

その期間については今でも簡単には話せないくらいの

人生で一番しんどい時期だった。

 

でも、たくさんの時間を君と過ごした

という意味では幸せだったと今は思う。

 

味に例えると甘くて苦い。

ギリギリ死なずに済むくらいの毒物を

5年間取りつづけたみたいな感覚が残っているよ。笑

 

初めの1年間は特に、君とは必死で戦った。

 

産婦人科医としてどうなりたい。

というヴィジョンなんて全くなかったが、

どんなジャンルに行こうとも

君とそこそこ付き合えることは

産婦人科医としての基本的な条件だ。

 

みんな君を「こなす」のが普通のことだった。

 

それでも、当時のAは良かったな。と今は思う。

 

大学病院の産科としては牧歌的ムードがあり、

他ではリスクがあっていやがらていた

骨盤位や既往帝王切開の経膣分娩なども

まだ取り扱っていて、

 

まあ、やれることはやろうよ。

っていうプリミティブな感性が残っていた。

 

今の若い先生たちは

もうそういうことを経験することがないだろう。

 

今の産科医療の基本的なムードは

 

君は元々リスキーな存在であり、

さらにリスク因子が増えたら、とにかく管理する。

みたいな風なんじゃないかな。

 

まあ、マッチョなシステムで君のことをどんなに考えても

そんなもんだと思うよ。

 

話はそれるけど、コロナのことだって

人を死なないために管理しまくって

人は本当に幸せなのか?

 

生まれることもリスクで

死ぬこともリスクで。

 

生きることも死ぬことも不自由な医療って、

一体どうなってるんだ?って。

思わないのは、まだまだマッチョなシステムの上に

私たちが暮らしているから、仕方ないんだろう。

 

Aの分娩室には

恐怖というものが基本的に渦巻いていた。

 

私もまだ君の正体もわからず

どうやって君と付き合いたいか

何をやっているのか、わからないままだった。

 

分娩監視装置を見たり

会陰切開をしたり縫合をしたり

新生児のアプガースコアをとったり。

緊急帝王切開の手配をしたり

運び込まれた母体救急患者の対応をに追われた。

 

君とつきあうのはただ手を体を動かすしか

あの時は知らなかった。

 

君を待つことや、君を感じること。

そして、君を信じること。

それも大事だってことは誰も話さなかった。

マッチョな「医学」では枠外だから仕方ないね。

 

何かに非常に違和感を感じていた。

そんな違和感を感じている自分の資質を疑っていたから、

さらに苦しかった。

 

朝昼晩と病院で過ごし、周りの人と同じように

君を「こなす」のに精一杯だったんだよ。

 

今更あれはいいとか悪いとか

言っているんじゃなくて、

 

私は君と過ごした思い出について

今、語っておきたい。

 

それだけの気持ちなんだ。

 

スマートではなかったけど、君を愛していた。

追伸:いま、4/1おたんじょう企画の準備中。

仲間と余興の相談したりで、楽しみだ〜。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪【受付中】6/8(水)今だからこそ!「子宮的に生きよう」〜産科医竹内正人先生お話会@「桜を見る会2022」会@谷中リアルxオンライン

♪リクエストお待ちしています♡「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【募集中】6月17日(金)古神道ワークショップのご案内はこちら

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪女性限定無料Facebookグループにてライブ配信しています。

「月の小屋」的オンラインサロン

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

 

関連記事

  1. 【お産蜜月 第十三話】女性の感性が君へと導く。

  2. 貝がらの里帰り。私の相棒。

  3. 【小林桜ものがたりvol4】私が小さい女の子だったときのこと…

  4. 温める・女・骨盤〜第15回「子宮カフェ」SP企画w/アッコ先…

  5. 第14回「子宮カフェ」@谷中レポ。〜失われた臓器を感じる。w…

  6. 【ご案内】6/8(水)今だからこそ!子宮的に生きよう ~産…