【お産蜜月 第六話】離島。生命のリズム。

愛しい君、お産よ。

 

浪花節病院で研修医として過ごしたの2年間のうち、

最後の2ヶ月間は

温泉と山と海がある美しい離島にある

Y病院で過ごした。

 

きれいな手術室が2つもありMRIなどの

医療設備が整っていた。

 

島民がお産するときは

あらかじめ本土に渡って待機したり

計画分娩をする人もいるそうだが、

 

Y病院が出来てからはそこでお産する人もいるようだった。

 

といってもそんなに件数はなかった。

 

君を見かけたのは、2回くらいだった。

 

確か、助産師さんがいて産婦は横になっていて

比較的ゆったりした雰囲気だったのを

ぼんやり覚えている。

 

LDRという

1畳分くらいの広さのベッド型の分娩台があって

窓からは海も見えたっけ。

ここならお産するのはゆったりしていいなあ。って、

私はその上で仮眠をとったりした。。

 

前任の同期は、到着するなりエレベーター内で産まれちゃった!

とかいってた。

 

おばさんの産婦人科医が1人いて

たまにある手術に入らせてもらうと

あんまり器用じゃない手つきだなって思ったが、

産婦人科の手術ってのは、大体そんなふうでうまくゆく。

と、わかったのは後からのこと。

 

それに、その病院には腕利き老外科医がいたし

補い合いながらやっているようだった。

 

島民にとっては

女性の産婦人科医がいることは

いざという時にはありがたい存在だろう。。

 

都市から離島のY病院にきて、

内科・外科・救急・老年に関わる地域医療に触れた。

 

自然に囲まれた暮らる人たちの生命のリズムは

大地と調和的であり、

基本的に安心感に包まれていると感じられた。

 

そして、そのコントラストは

Y病院での離島研修が終えた私が

大学病院Aの産婦人科医局の一員となったときに

より濃く浮かび上がった。

 

以後、産婦人科医としての私を育ててくれた

都市部の大学病院A。

そこの一員として過ごした5年間、あろうことか

君と戦うようになるのだ。

 

生命のリズムは

住んでいる土地や

暮らしぶりから大きく影響を受ける。

ふだん呼吸の深さも違う。

もちろん、お産も変わる。

そして、きっとセックスも。

 

君も、都会暮らしだと何かと大変だよね。。

じゃあまた明日。

追伸:手でからだにふれることはかなりステキ!可能性を探求中。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪【受付中】6/8(水)今だからこそ!「子宮的に生きよう」〜産科医竹内正人先生お話会@「桜を見る会2022」会@谷中リアルxオンライン

♪リクエストお待ちしています♡「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【募集中】6月17日(金)古神道ワークショップのご案内はこちら

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪女性限定無料Facebookグループにてライブ配信しています。

「月の小屋」的オンラインサロン

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. あかちゃんが欲しい。でもどうしたらいいのかわからなくなってし…

  2. 本能で「まぐわい、産んで、育てる」こと。

  3. #Stay homeで「陰陽和合」を想う。

  4. 「子宮が使われない」という虚しさ。

  5. 性にくつろいで生きよ。

  6. 【お産蜜月 第一話】君の第1印象。