卵子提供についての話題から

あるところで、

海外で卵子提供を受けて妊娠したある40代後半の女性について聞きました。

日本では、卵子提供を受けての妊娠は認められていません。

そのカップルは海外で数百万円を支払って卵子提供を受けて妊娠している。

お金持ちがやることだろう、とおもいきや、

予想に反して、その方はちっともお金や生活にゆとりがある人には見えない。

のだそうです。。

そのことを話題にした専門家の方は、

卵子提供を受けての妊娠に賛成しているわけではないが、

こんなこと(こんな風にごくふつうの一般の人が海外の生殖ビジネスのカモになり

しかもその後の周産期リスク管理を日本の保険制度で対応する)なら、

いっそのこと日本できちんと法整備をすべきなのかもしれない。

という趣旨の考えを表現されていました。

 

技術の進歩は、好むと好まざると止めることはできないでしょう。

以前も触れましたが、この分野では人工子宮の研究も盛んで、

子宮を介さずに人が生まれてくる日も近いと聞くこともあります。

 

このような価値観の多様性が重要視される時代です。

私たちは、自分自身がどんな価値観を大切に生きるかを問われています。

 

私は、原始的な価値観、

男性と女性が愛し合い、その結果として子どもをさずかり、可愛がって育てる、

という生命の秩序にねざした価値を大切にし手暮らし、

そこから生み出される豊かさをもって自分が社会に奉仕(サービス)してゆきたい。

と改めて思います。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪12月10日(土)18時半〜古神道家矢加部幸彦先生にきく

「日本人のいのちの在り方」@「桜を見る会2022」企画第5弾

♪12月10日(土)15時「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【募集中】1月14日(土)古神道ワークショップのご案内はこちら

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪女性限定無料Facebookグループにてライブ配信しています。

「月の小屋」的オンラインサロン

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

 

関連記事

  1. 初潮を迎えた12歳の私と出会う。〜「母から娘へ伝えるいのちと…

  2. 【お産蜜月 第二話】君はまぶしすぎる。

  3. 本能で「まぐわい、産んで、育てる」こと。

  4. 沖縄時代。緊急帝王切開を拒否された経験から学んだこと。

  5. 不妊症のからだに隠れていた本当の望み

  6. ”I want you.” の真逆の態度とは。