貝がらの里帰り。私の相棒。

宝貝はその形から女性器の象徴であり、富・繁栄・子宝をもあらわすものとされているそうです。

先日、この貝がらを海に海に浸し、里帰りさせてきました。

友人の子どもが沖縄の海で拾い、その後彼女が3人目の子宝を授かった「縁起物」だから。

と、当時まだ子宝に恵まれていなかった私にと譲ってくれたものなのです。

6年前。どうしても仕事で心が苦しく痛くなる、ということについて相談した時、

ファミリーコンステレーションの師匠に

”あなたが関わりを持つ女性の痛み・悲しみを祀る個人的な「祭壇」を作るように”

と助言を受けたことがありました。

その時私は娘を妊娠中でした。

その助言を聞いた時、なぜだか「祭壇」の象徴としてはこの宝貝がいい。と思ったのです。

でもこの貝がらはもともと縁起の良いことのためのものだったので、自分の思いつきに対して少し不思議に思っていました。。

今回、これをくれた友人とこの貝の話をする機会がありそれが腑に落ちました。

一昔前の話であり、お互いに状況を思い出しながら深夜まで話をして、

ようやく合点がいきました。

彼女は3人目の子宝を授かる前に流産を経験し、悲しくてたまらなく半狂乱になった時期があったそうです。

そういえば当時私にもその苦しい胸の内を手紙に綴って送ってくれたことを思い出しました。

見守る家族にとっても当時は辛いものだったと思われます。

この貝がらを彼女の息子さんが海で拾ってきたのは、ちょうどその時期。

そして、すぐにまた子宝を授かったということ。

この貝がらが単純に「縁起が良いもの」というだけではなく、

この友人が女性としての痛みを通り抜けた経験とともに私の手元に来た。

ということだったのです。

文字どおり胸が痛くなるような女性の苦しみ・痛みも、

やがて通り過ぎてしかるべきところへ流れていくこと。

その通り道の流れを保ってくれる象徴として、この貝がらが働いてくれているような気がしているのです。

そして、

必要な方はどなたでも

この貝がらが保ってくれている「女性の悲しみ・痛みの通り道」に心の中でアクセスしてもらえます。

水に流すようにしかるべきところに流れていくようイメージしてみてくださいね。

きっと流れが強め清められる。そんな気がします。

:::::::::

◎最新のお知らせ

【終了しました】「子宮カフェ」@大阪・池田 2月10日

【残席3】「子宮カフェ」@東京・谷中 3月9日 14時〜16時

「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人セッションはメルマガから優先案内しています。

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♡「子宮カフェ」参加者からの感想のページ。はこちら。

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

ソウルバースセラピー個人セッション

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. あるカンジダ腟炎の女性の場合⑵

  2. 性交と生殖 をわけない生き方。

  3. 7月22日(日)お話会のご案内「いのちを生みだす」こと〜ファ…

  4. 【外来日誌vol4】妊娠しづらい人たちのハートが硬い。

  5. 理想の子宮とは?生と死を超えて。

  6. ふるさと広島たび。「生きる心細さ」に再会する。