愛というものはない。あるのは「悲しみの共同体」。

愛というものはない。
その代わりにあるとしたら、
「悲しみの共同体」だ。

と、ある尊敬する故人が言っていた。

女性の病や痛みがある人や場所に触れていると、
知らず知らずのうちに私の中に悲しみが溜まっていく。
その悲しみがしかるべきところへ流れていくように。と願う。

この悲しみは尊い。
この貝はその悲しみを祀る私の個人的な祭壇である。

私のコアメッセージは「いのちの本質は愛だ」としている。

でも同時に「悲しみの共同体」という方が身近に感じ、
私の中に溜まっているものが流れていくような気もする。

私の心の中の未解決メモの入った引き出しの言葉。
一旦取りだしたがまたしまっておく。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪小林桜の個人セッションの優待やイベント・講座はメルマガから優先案内します。

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪「小林桜のソウルバースセラピー」 個人セッション最新の日程はこちら

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

ソウルバースセラピー個人セッション

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. 性にくつろいで生きよ。

  2. 「大切なことをただ大切にする。」私の子育て概論。

  3. 子どもに権利はない、という話。

  4. 自分が自分を求めて、満たす旅。

  5. 2018年の終わり。仕事の好きなやり方がみえてきた。

  6. 時空を超えて愛が届く。それがファミコンの「場」。