【小林桜ものがたりvol2】私が生まれる時のこと

『【小林桜ものがたりvol1】私が生まれるまでのこと』に続き、

今日は私が生まれる時のことをお話しさせてくださいね。

私は両親がお見合い結婚して1年すぎた年の4月1日に生まれました。

そう、

エイプリルフール生まれです(笑)

生まれる前に性別は分からない時代で、

母は男でも女でも名前は「桜」にしようと思っていたそうです。

明確なニュアンスは分からないのですが、

おなかの赤ちゃんが

「私の名前は桜」

といったのを聞いたとか、。笑

その真偽はさて置き、、。

そんなわけでまさに桜の咲く時期に生まれてきました。

お産は母の初産で時間がかかったそうです。

母子手帳は無くしてしまったので記録はないし、母の記憶もあいまいですが、

本当に難産だったわけではないです。

大人になってからの経験ですが、

偉大な故人 吉福伸逸氏の合宿の中で、

Rebirthing という生まれる時を再体験するワークをしたことがあります。

呼吸法から変性意識にはいるそのワークの中で、私がこれから生まれようとするいのちの意識として感じた事は、

「外野がうるさい!」ということへの不満でした。笑

さあ、早く生まれろ!だとか、なんとか、。

「外野、黙れ!わかんないやつがガタガタいうな。

私は私のいいようにやっている!

あなたたちにはわかんないかと思うが、

私の中では私に必要なの大事な時間をとっていて、

私は私の良い時にちゃんと生まれるのだから!」

「あ、でも、まあ、そんなにいうなら

ちょっと動きましょうか。」

みたいな。。(笑)

そんな感じで私は生まれてきたのですわ。

産科医になって、

医学的適応ではない、

社会的適応の誘発分娩や帝王切開が嫌いなのは、

胎児のときからの質なんだよなー!

と思うと、自分の生きづらさに諦めがつきます。笑

そんな風で、玉のような女の子がふてぶてしく生まれたというわけです。

今日もお読みいただきありがとうございました!

 

関連記事

  1. 【小林桜ものがたりvol9】5年生で転校し自意識過剰の世界観…

  2. 【小林桜ものがたりvol5】広島から呉へ

  3. 【小林桜ものがたりvol8】母に騙されて?学習塾へ

  4. 【小林桜ものがたりvol1】私が生まれるまでのこと

  5. 【小林桜ものがたりvol6】小学校への”通勤”電車で

  6. 【小林桜ものがたりvol3】私が赤ちゃんだったときのこと