【外来日誌vol5】タイミング法で2人目を妊娠したい!といわれる時の違和感。

「タイミング法で妊娠したいので、

排卵しているかどうかみてほしいのです。」

こう言って患者さんがこられることは、

産婦人科外来では珍しい話ではありません。

基礎体温表を見たり、エコー検査をしたり、ホルモン値をチェックしたりしてみます。

「じゃあ、この日とこの日にタイミング(性交)持てばいいですか?」

「・・まあ、そうですね。。」

でも、

なんだか違うんだよなぁ。。

違わないんだけど、何かがずれてる。

というか、足りない。

エネルギーが違うんだよ。

という心の声が私の中で直感的に働いてしまい、

どうにも気持ちが悪く診療の収まりがつかない。。

ということがよくあります。

特に2人目不妊の方の場合だなぁ。

う~~~ん。

「えーっと。。やっぱりね。〇〇さん、あのね。。」

と、言いにくいけどいうことにする。

『あのね、

「タイミングを取る」って、それが何か作業のようになっていませんか?

子どもを授かるって「関係性」なんですよ。

だって、あなたひとりじゃあ子どもはできないわけですから。

あなたがいて、旦那さんがいて、そこに関わり合いがあって、

それプラス「神のみぞ知る」領域があって、

その結果として生み出されるものがが新しいいのちなんですからね。

そこに作業は必要なんだけど、

それはあくまで手段なのです。

そこを忘れてしまってはいませんか?

1人目の子どもが生まれる時、そこが夫婦関係の愛の頂点になります。

そこから、関係は変化します。それが通常なんです。

同じというわけには行かないけど、

そこから新しい関係を作っていくことができます。

今、あなたの歓びはどこに感じられますか。

そう、生きる喜びのことです。

確かに歓びを感じようとそうでなかろうと、

子どもできるときはできるというのも事実です。

でも、関わることに歓びを感じること。

は私はとても大切なことだと思いますよ。

それ以外のことでもです。

嬉しい!生きててよかった!

って歓びを感じられるときはどんな時でしたか。

お母さんでも、もっと華やいでいいんです。

なんなら、

「私はお花♡」

っていうくらいの感じを思い出してもらっても。笑。

。。。

とにかく、

ご自分の体を機械のように扱うのはやめてくださいね。』

時と場合によって伝えることは違うけど、

だいたいこんな感じで話してしまいます。

心のことに触れられたくない人もいるのでその辺は注意しますが、

最近は、

やっぱり多少嫌がられても

伝えたいことはできるだけお伝えしておこうと思うようになりました。

こういうのもご縁ですからね。

写真:小堀美沙紀

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【募集中】6月18日(金)、8月11日(祝)古神道ワークショップのご案内はこちら

♪【募集開始】「子宮カフェ」男女@東京・谷中 7月19日(月)10時〜12時

♪【終了】女性限定「子宮カフェ」@東京・谷中 4月12日(月)13時〜15時 レポートはこちら

「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪【募集中】Step1「エヴァセラピー入門講座」6月19日(月)11時〜12時半@オンライン

エヴァセラピー入門講座お申し込みはこちら

♪【残席2】Step3「エヴァ・メイクラブ講座 初級」

第2期 7月11日(日)、8月8日(日)、9月12日(日)@東京・上野

「エヴァセラピー」ご案内はこちら 

♪【youtube】「小林桜のゆく年くる年」(52分)

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪Facebookライブ 3月14日(日)20時〜21時 小林桜のプライベートFBグループにて(グループ参加リクエストはこちらから)

 

 

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. いろんな子宮がある。

  2. 【「子宮カフェ」企画】エロは大切!子宮筋腫スペシャルコラボw…

  3. 「しまりの良いちつとはなにか?」〜コミュニケーションだね。

  4. 【外来日誌vol8】お産の古傷。女を大切にする男。

  5. 性交と生殖 をわけない生き方。

  6. 女のたましいは子どもを産むと重くなる。