性にくつろいで生きよ。

現代的な生活をしていると、あなたが「性的な存在である」ということから引き離されるような感覚がありませんか?

自分自身の生まれ持った性を喜びを持って生きること。

これは生命力に直接的につながります。

性を喜び、性にくつろいでいる。

このように生きられると日々生きる喜びを実感できるだろうと思いませんか?

実は私自身が、この数ヶ月は新しい仕事の分野と環境に自分をフィットさせて行くことを優先させていたかったため、

気がついたら「性」のエネルギーと切り離されて行く傾向があったことに気づきます。

ちょっとした「危機」の状況で「性」を抑圧してしまう。

婦人科系のお悩みや病気を持つ人を感じてみると

やっぱり「性」が恐怖だったり邪魔だったりして、

喜びの逆方向へと捉えられていることもよくあるみたいです。

「性」というのは、もともとは野生的です。

危険に身を晒すこともあるでしょう。

特に女性のカラダは受け容れる側だから。

性的だといのちかかっちゃうから。

でもでも、やっぱり

「性的」である。

というのは気持ちよさを味わうことができ

喜びにみち生き生きと生命力を発することができるものです。

そう、

セクシー。。

という状態です。

あなたが自分のセクシーさに何の躊躇もなくつながることができ、

自分のセクシーさを味わうことができること。

そんな生き方をすると想像してみると、どうですか?

嬉しく喜びが溢れてきませんか?

では、

自分の性的なエネルギーとつながれるためにどうしたらいいでしょうか。

好みの異性との交流はとっても役立つのは間違い無いですね。

でも最近思うのは

同性同士の交流の中で性的であることにくつろぐことができる。

こちらの安心感もなかなかいいものです。

こういうことってちょっとしたコツや知恵が必要なんだなぁ。

自分の性の捉え方に深く影響を与える親の世代とかも関係あるようです。

「性」というのは自分中心のエネルギーなので、

同時に「愛」とつながれることが大切なのですよね。

生まれ持った性を生きることを自分に求めること。

それは実は大切なことです。

もし忘れていることに気づいた時、思い出しましょう。

そして、その忘れているサインは

生理のお悩みとか、

婦人科系のカラダの声として出てくることもあるし、

おなか周りにお肉がついてきたりもあるかな~。

自戒を含めて(笑)、徒然なお話でした。

カラダがあるって気持ちいいね!

そんな風に日々感じて生きられると幸せですよね。

いのちの全体を生きようではありませんか。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪小林桜の個人セッションの優待やイベント・講座はメルマガから優先案内します。

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

♪「小林桜のソウルバースセラピー」 個人セッション最新の日程はこちら

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

ソウルバースセラピー個人セッション

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. 「大切なことをただ大切にする。」私の子育て概論。

  2. 若き女性産婦人科医のあなたへ。そしてすべての「はたらく女性」…

  3. 「死」を思うと湧く「生きる力」。

  4. ひさしぶりに手術室に入って思ったこと。

  5. あるカンジダ腟炎の女性の場合⑵

  6. いろんな子宮がある。