第14回「子宮カフェ」@谷中レポ。〜失われた臓器を感じる。with Y!

ソウルバースセラピストで産婦人科医の

小林桜です。

 

2020年10月11日(日)第14回「子宮カフェ」@谷中は

ギャラリーサロンkuukinにて。

 

Y県からはるばる車を飛ばして来てくれたY氏をお迎えしました。

かねてから

「子宮サロン?ん?なんか知らんけど行くわ。

土日にしてや。」

と言ってもらっていて、

Y氏ほんまに来てくれたんや〜〜。と思った。

 

そう、

今回は3度目の男女混合「子宮カフェ」でした。

 

メンズの参加はY氏1名のみで

あとは女性の6名のグループになり。

Y氏ハーレム状態。。笑

きっと私の魅力が不足していたのでしょう。。

 

 

女性参加者たちの顔ぶれもまた、

私的にはすごかったな。

 

それは、

わざわざインターネットで調べて

私の活動を知り「子宮カフェ」に来てくれた。

という方が複数いらっしゃいまして。。快挙!

 

こうやって細々発信していることも

決して得意でやっているわけではありませんから

なんだかとっても励みになります~。

 

しかも、最年少のお一人は

健康診断を受けた時にたまたま私が担当で、

ちょっとお話したことがきっかけで

わざわざ私のこと調べて来てくれたんだって。。

すごい、ガッツありますね!

 

(ちなみにY氏は へ?ブログとか書いてるんだ~。知らんかった。

とか言ってましたが。。たまに書いてるんですよ〜〜笑)

 

他、リピーターの人、中学時代の同級生。

で、なかなかの濃密な場になりました。

今回も

「子宮」「子宮意識」を感じる時間をとりました。

 

手術で子宮を切除して失った。

という方も

ちゃんと「子宮」の意識が認識されたとのこと!

これまた快挙です〜。

 

実はこれって、長年目論んでいたことなんです。

 

バーバラ・ブレナン女史のヒーリング学校に

アメリカまで通っていたことがあるんですね。

 

そこで、いわゆる人間のオーラの解剖・生理・病理

のようなものを学んだんですよね。

私自身は、それ以来そのような「生命体の見方」がある。

これを完全に習得しているとは行かないまでも

人の生命をみる時に、私の意識のどこかで採用しているのですが、

 

今回はまるでその意識を共有したかのような錯覚を起こしました。

念願叶ってとても嬉しい!

 

人体があらわれるための「テンプレートの意識体」がある

という生体エネルギーについての見方があるんですよね。

 

外科的に切除したから終わりではない。

話せば長くなりますが、それは生理も病理も。なんです。。

 

その参加者は

がん手術で「臓器としての子宮」を失った後も

「意識のレベルでの子宮」を癒す作業をされていたから、

その意識につながれたのかなぁ。。

と想像したり。

 

人間のからだと意識体については

とても興味深いですし、もっとみなさんに興味を持ってもらいたいなぁ。

と日々思っているのです。

こういったこともまた改めてご紹介したいことの一つです。

 

さて。 Y氏はというと、

そっち(レディース)の方から「子宮」がふわ〜。という感じだった。。

というコメントをくださいました。

 

フリートークの方も

あれこれ夢中でおしゃべりしましたね。

もうなんだか思い出せない。。

 

あ、そうそう。

いつか話そうを思っていた、

沖縄の子宮型のお墓(亀甲墓)のお話ができて

よかった。。

「子宮」から生まれて

「子宮」型のお墓に帰ってゆく。

みたいな世界観についてね。

 

最後、女子たちで手をつないで子宮の形に囲んで

男性Y氏を迎え入れ、

送り出してゆく。

 

という儀式?は

生まれてゆくかのようで、楽しかったですね。。

 

「行ってきます~」と手を振って

年1回また「子宮カフェ」に帰って来る。

と予告して出て行ったY氏。

今回開催のきっかけをいただきまして

ありがとうございました。

※亀甲墓についてはこちらの記事を参照。

 

他にもあれこれとみんなで話しましたが、なんだったっけ。。

・臨死体験について。

・自分の美しさを開いて見せることについて。

・(後で思い出したら書き足します。)

 

まだ一つ心に引っかかっていることは

お医者さんを「先生」と呼ぶことについて。

疑問が投げかけられ、話題にのぼりました。

これについては、後から思ったことがあるので

またどこかで記事にできれば。。と思います。

 

 

今回の「子宮カフェ」をお手伝いしてくれた

フローリストのりこさんから

記事が寄せられているので、最後にご紹介したいと思います。

 

”「子宮カフェ」は3回目の参加でした。

毎回、内容が決まっているわけではないので

どんな話が聞けるのかな~といつも楽しみです♪

 

参加される方もここでしか話すことができない内容を語って下さり

それについて専門的な知識としてではなく、

桜さん自身の朗らかなことばで返してくれるので、

そこにやわらかな一体感のような場ができあがり、

みなさんの喜びが感じられます。

 

それぞれの人が

今の自分に必要なことばを持ち帰れるのが素敵だな~と思います。

 

また、子宮に意識を向けて行う瞑想の時間がとても気持ちいいのですが

そこで子宮に包まれるイメージをする時があります。

 

自分も子宮に入っていたんだな~と気づく瞬間、

子宮を持たない男性も、

子宮入っていてそこから出てきたとのだと気づかされる瞬間です。

 

みなさん初めての感覚にじんわりと浸るゆっくりと静かな時間がとても好きです。

今回は瞑想後に出た

「みんな子宮の中で、誰にも教えてもらわないのにちゃんと人間として生まれてくるね」

という感想も興味深かったです。”

 

私が人と「場」を共有していて面白いと思うのが、

自分の経験していることと他者が経験していることが

違うのにつながっている。

と感じること。

 

のりこさんからのご感想は

「エヴァセラピー®︎入門講座」のレポート記事へ続きます。。。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【予約開始】12月14日(月)古神道ワークショップのご案内はこちら。

♪【女性限定募集中】「子宮カフェ」SPコラボ×アッコ先生〜自分のからだを愛でるということ♡ @東京 11月23日(祝月)13時〜16時

【近日募集】「子宮カフェ」@東京 12月7日

「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪【女性限定募集中】「エヴァセラピー®︎ 入門講座」11月23日(祝月)10時〜、12月7日(月)13時半〜(ご案内はこちら

♪【終了】「エヴァセラピー®︎ 入門講座」10月11日(日)(レポート記事はこちら
エヴァセラピー入門講座お申し込みはこちら

♪【終了】10月11日(日)10時〜12時「子宮カフェ」@東京(レポート記事はこちら

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

 

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. 新しく移転したサロンで初めてのお話会をしました。

  2. ◎12月14日ワークショップ「人生にくつろぐヒントが見つかる…

  3. 「プレ・子宮カフェ」@京都。

  4. 「母なるもの」〜海、いってきました。

  5. 「カラダ売った方がマシ!」正直な私との対話。

  6. 2018年の終わり。仕事の好きなやり方がみえてきた。