子どもを産み育てることの価値

「子どもを産み育てること」そのものの価値が

どうしてこんなに低くなっているのかなーー?!

って疑問というか

それを通り越して不満に思うことがしばしばあります。

 

性や価値観の多様性とか、

なんとかハラスメントだとか、

色々あって

発言しづらくなってるみたいだけど。

 

でもさ、

誰しも両親に産んでもらって

誰かしらに育ててもらわなかった人はいない。

じゃないですか。

 

それ、誰かにやってもらっていなかったら

誰も人生始まんないじゃないですか。

 

だから、

誰かが誰かを産んだり育てたりすることを

もっと幸せに経験できるほど

その産んでもらった誰かは

この世界を幸せなものとして経験していって

この世の中を幸せなものとして

働きかけていける可能性があるでしょ。

 

「子どもを産み育てることは

何より優先的な価値がある。」

 

って、

産んだり育てたりする人も

人生の中でそうしない人も

いのちがいのちを産み育てる

という基本的な営みを優先して大切にできる社会は

豊かな社会だ。

と私は思います。

・・・

結局のところ

自分のいのちがあることを

日々心からの感謝とともに

人生を

歩んでいるのか

そうでないのか。

 

ということですね。

 

私の世代は

特にそういう基本的なことに

混乱があるよーです。

 

ええ、私の話です。笑

 

この話はよくするのですが、

専業主婦でわりと教育ママ(古い?)であった

私の母から

「4人の子育てをしたことが結局は一番楽しかった〜」

と初めて聞かされたのは

もういい大人になった(研修医を終了しようという)時で

「あんたのような仕事だとお母さんのようにはいかないね。」

と言われた時には、

いや、それ早く言ってよ!

と心の中でツッコミを入れた

ということがありましたっけ。。

 

もちろん親のせいにするというわけではありませんが、

これが「親の価値観」だと子どもが思っていることって

その人にとってすごく影響力があるんですよね。

 

お子様をお持ちの大人の方には

各ご家庭で

ぜひ子育てを経験した素晴らしさを表現し

伝えていただきたいものです。

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪【残席1・女性限定】6月15日(月)14時〜「子宮カフェ」@東京・谷中

「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪調整中の「子宮カフェ」7月12日(日)@茨城・水戸

♪調整中の「子宮カフェ」7月20日(月)男女混合@東京・谷中

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

 

♡「子宮カフェ」参加者からの感想のページ。はこちら。

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

ソウルバースセラピー個人セッション

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

関連記事

  1. 若き女性産婦人科医のあなたへ。そしてすべての「はたらく女性」…

  2. 「大切なことをただ大切にする。」私の子育て概論。

  3. セドナの旅①〜木の精霊に語りかけられる。

  4. 沖縄リトリート&リトリーブ2019。

  5. ひさしぶりに手術室に入って思ったこと。

  6. 女のたましいは子どもを産むと重くなる。