古神道ワークショップ「鎮魂禊行法」のご案内。

ソウルバースセラピストで産婦人科医の

小林桜です。

ワクワクで行こう♪の大祓え祭にて出会った

古神道家 矢加部幸彦先生からご快諾いただき、

「鎮魂禊行法」ワークショップを

下記のように主催させていただくことになりました。

==================

◎古神道「鎮魂禊行法ワークショップ」

日時:2020年10月19日(月)10時〜16時半(休憩あり)

場所:東京都中央区(お申し込みの方にお知らせします。)

参加費:初受講16000円 再受講8000円

定員:10名(キャンセル待ち)

申し込みフォーム

==================

言霊の国・日本で生まれた浄化と開花、
成長を無理なく自然に促す、ワークショップの決定版!

遥かなる昔、この美しき日の本 (霊(ヒ)の元)には、名も遺さない人々の間で、
生まれ、育まれてきた¨大道¨がありました。

大自然への畏敬と感謝から生まれた叡智

美しく調和し、全てと和していく、生命の道
自然ながらの道 それが
古神道神ながらの道

そして、古神道の行の中核をなす、鎮魂行法
それは、神人合一へのプロセス

小宇宙である自らの開闢は、大宇宙の開闢と同じ

鎮魂により、普段は遊離拡散している魂を修め、
そして同時に、自らの一霊を増養していく

そのプロセスは、大宇宙造化への参与
大神業の中に、自らの生命を帰一合体させていく

その大徳の中に、感謝とともに神我一如

数々のワークや修法を学んだけれども、いまいち効果が感じられないと言うことはないでしょうか。

鎮魂が十分に出来ないうちに、枝葉末節のことをいくらやっても、

その効果を十分に発揮することは出来ないと、古来からいわれてきました。

鎮魂力があるかないかで、霊符や言霊修法の応技
(ヒーリング能力や各エナジーワークの効果やその深さ) が、

確実にちがって来るそうです。

それは、根本的に本魂が離散していて、観念力が希薄になっているからかもしれません。

ワークショップでは、約一時間の鎮魂行を2回行い、
離散しているであろう魂を中府におさめて己の直霊を覚醒させて行きます。

鎮魂は、霊覚するための基本中の基本となりますので、

この機会にいつでも自修出来るよう本ワークショップに

参加され鎮魂行を学ばれる事をおすすめします。

【ワークショップ詳細】

■古神道の哲理、所作、及び修法の解説

  • 神拝作法 神前での所作
  • 祝詞奏上の仕方
  • 古神道的聖水の作り方
  • 古神道的浄化の方法
  • 火打ち石の作法
  • 印の組み方  等々

■古神道行法(鎮魂行)のリハーサル

休憩
■古神道行法(鎮魂行)

  • 禊祓詞
  • 大祓詞
  • 言霊行法
  • 息吹(呼吸法)
  • 振魂、天の鳥船
  • 鎮魂行法(瞑想) 等々

■小休憩
■二度目の古神道行法(鎮魂行)

とても強力なワークショップであり、古神道の神髄なる世界を
身近に体感するものとなっていくでしょう

矢加部先生の公式サイトのページから転載。

 

次回は12月14日(月)の予定です。

こちらもお申し込み受付中です。

申し込みフォーム

よろしくお願いします。

 

小林桜 拝

 

:::::::::

◎最新のお知らせ

♪矢加部幸彦先生の「古神道ワークショップ」

【予約開始】12月14日(月)古神道ワークショップのご案内はこちら。

♪【女性限定募集中】「子宮カフェ」SPコラボ×アッコ先生〜自分のからだを愛でるということ♡ @東京 11月23日(祝月)13時〜16時

【近日募集】「子宮カフェ」@東京 12月7日

「子宮カフェ」のご案内はこちら。

♪【女性限定募集中】「エヴァセラピー®︎ 入門講座」11月23日(祝月)10時〜、12月7日(月)13時半〜(ご案内はこちら

♪【終了】「エヴァセラピー®︎ 入門講座」10月11日(日)(レポート記事はこちら
エヴァセラピー入門講座お申し込みはこちら

♪【終了】10月11日(日)10時〜12時「子宮カフェ」@東京(レポート記事はこちら

♪小林桜の「子宮カフェ」、個人相談、その他の活動はメルマガから優先案内しています。

↓↓↓

無料メルマガ【Dr小林桜のLife is love通信!】登録はこちら

 

 

::::::::::::

『あなたと未来のいのちをつなぐソウルバースセラピー』

ソウルバースヒーリング

産婦人科医

小林桜

プロフィール

::::::::::::::::

【無料メールマガジンへの登録はこちら】

個人相談

5日間無料メール講座『幸せな赤ちゃんを授かるいのちの法則』

Facebook

お問合せ

 

関連記事

  1. 7回目「子宮カフェ」レポ。それぞれの「子宮」が導いてくれる方…

  2. 「症状」を新しい視点で見る場。~第11回「子宮カフェ」レポ。…

  3. レポ。「子宮カフェ」@谷中kuuki。

  4. 初めてのお茶会。私のためにあったのね。笑

  5. 「誰かを助けたいあなたへ。」~死と向き合う視点から。

  6. なぜ開くのか?~祝・男女混合。第10回「子宮カフェ」レポ。